支払督促を受けたらどうするの?

本06裁判所から支払督促が送られてきた場合、まず、申し立てをしているのは誰なのかを必ず確認しましょう。というのは、債権を持っていないにもかかわらず、督促をしてくるグループなども存在しているからです。確認をして、申し立てをしてきた個人、あるいは会社に心当たりがあり、債務も確かに存在しているという場合、今後どうするのかを決めないといけません。というのは、裁判所から送られてくる督促は、債権者から普通郵便で送られてくる督促状と違って、裁判や差し押さえと直接つながってくるからです。
対応の仕方ですが、もし返済出来るようであれば、債権者に連絡を取って返済してしまいましょう。債権者が返済を確認すれば、当然、申し立てを取り下げるので、その後に裁判を起こされる心配はありません。
しかし、一括で返済出来ないという場合はどうすればいいのでしょうか。この場合は二つの対応方法が考えられます。まず、債権者に連絡を取って、分割返済なら出来ると相談してみること。もし、ここで和解が出来れば債権者は申し立てを取り下げてくれるはずです。もう一つの方法は、裁判所に異議申し立ての書類を返送することです。異議申し立てをするとそのまま裁判になる可能性もありますが、債権者が貸金業者の場合は督促を取り下げて、和解案を送ってくる場合もあります。

コメントは受け付けていません。