成年後見制度ってどんなもの?

成年後見制度とは、知的障害や精神障害、痴呆など、精神上の障害を持っていて、判断能力が十分ではない人が生活する上で不利益を被らないように援助してくれる人をつけてもらう制度のことで、家庭裁判所に申立を行うことで利用することができます。

高齢者や障害者であっても特別扱いせずに、これまでと同じような生活を維持させようとするノーマライゼーションという考え方と、本人の自己決定を尊重し、残存している能力を活用しようという自己決定権の尊重、残存能力の活用などの考え方が求められており、利用者の財産を管理するだけではなく、本人の生活を支えることが後見人の役割と定められています。

例えば、精神上の障害を抱えた人が、悪質な営業マンに騙されて高額な商品を買わされてしまい、支払いが大変になったという場合も、 この制度を上手く利用することによって、被害を未然に防ぐことができる場合があります。

また、精神上の障害により判断能力が十分でない人を守りつつ、自己決定権の尊重、残存能力の活用、 ノーマライゼーションの理念を趣旨としているため、仮に成年後見人が選任されても、日常生活に必要な範囲内での物の購入や契約などの行為は、本人が自由にすることができます。

コメントは受け付けていません。